2015年12月28日月曜日

【公演記録】大人11人で真剣しりとり!12/19(土)地雷しりとり

Snakeholder代表のホンダです。
大変遅くなってしまいましたが、、12/12(土)に行われたスネークゲーム地雷しりとりの公演記録です。


スネークゲームはドラマ、ライアーゲームや映画カイジのようなリアルゲームです。運営の手によって、リアルの場と投票権などのリアルなモノを用いてゲームを行います。

(ディーラーは生身の人間。メンバーの手によってゲームが進行します)

今回の地雷しりとりはしりとりをモチーフにしたリアルゲーム。詳しい内容は明かせませんが、しりとりを制するモノがゲームを制するゲームとなっております。



会場に集まってきた、大人たち、総勢11名。今回は全員男性という熱い戦いが予想される会に。
スネークゲームはその場で初めてルールをディーラーより聞かされます。スネークゲームではその場でルールを知らされるため、その場で理解するのはもちろんのこと、その場で戦略を立て、周りのプレイヤーと交渉する力が試されます。もちろん、友達と参加していると一緒に協力できるためより参加しやすいです。




今回のゲームでは協力が必要不可欠と気づいた、プレイヤー、全員の前で協力することを説得します。全員、作戦を考え始めます




無事、説得に成功し、全員で、ひとまずは協力することに、プレイヤーそれぞれが考え、発言し、どうすればいいかを話し合います。ただ、ゲームに勝つのはたった1人、協力はしながらもどうすれば自分だけ勝ち上がれるか、戦略を練ります。



作戦はひとまず成功。ただ、プレイヤーごとに利得が異なり、全体の協力関係は崩壊。。。プレイヤーそれぞれが、最適戦略のため、交渉を重ね、新たなチームを作っていきます。





スネークゲームの特徴は何と言っても投票。実際に投票用紙を用いて、自分の手で投票を行います。実際に 紙を使って投票すると、緊張感がでます。リアルの良さですね。








最後の結果発表の前、真剣に戦った相手だからこそ、人間性もわかり、プレイ後は仲良く作戦披露。お互いを称えます。


結果発表が終わると、最後は順位順に並び集合写真!優勝者はセンターを勝ち取ることができます!!おめでとうございます!!!



次回公演は12月29日(火)14時〜、1月9日(土)19時〜 新作、「戦国ポーカー」
ゲーム気になった方はぜひお越しください!初心者に優しいチーム戦の公演となっております!


戦国ポーカーの様子はこちら!
http://snakeholder.blogspot.jp/2015/12/blog-post.html

お申し込みはこちら!
http://snakeholder.com/game-form/

2015年12月13日日曜日

【出張公演】北海道公演w/MENSA会員

Snakeholder代表のホンダです。

本日、Snakeholder発の地方出張公演、北海道にて、北海道MENSA会員と行いました。
SnakeholderのメンバーにはMENSA会員が代表含めて複数人います。日本のMENSA界隈でスネークゲームについての噂が広まり、今回、北海道のMENSA会員の仲間やゲーム好きの方々に北海道に来てぜひ出張公演をしてくれないかとの依頼をいただき、今回の会に至りました。

(MENSAは上位2%のIQをもつ人たちが参加する国際グループです)

北海道に前日入りするため、早期からLCC(もちろん経費ギリギリのためLCCですが、、、)を予約しておりましたが、まさかの都内の強風のため、、、大幅遅延。3時間遅れで、ホテルに深夜1時着で到着しました。

(初の成田第3ターミナル)

今回は、総勢、16名の方々に参加いただきました。学生から社長さん、仙台から飛び込み参加など様々な方に参加いただきました。

せっかくの出張公演ということもあり、今月末一般公開予定の「戦国ポーカー」の先行上演と、大人気公演「鑑定ゲーム」の2本連続公演を実施しました。

さすがのメンサ会員、ルール説明から真剣な様子。正確な理解と戦術開発のため、際どい質問が飛び交います。







「戦国ポーカー」では、全チームの戦略ログを記入し、自らのチームの最適戦略を正確に計算するチームや、落とすつもりもないが、オークションで価格を釣り上げる戦略など、ゲームデザイナーも驚く高度な知のバトルが繰り広げられます。

(チームで戦略を話し合います)


 
(ゲームで使うカードの挿絵の一つ。デザインも徹底的にこだわっていきます。)

さらには、デザイナーが思いもよらぬ名札を書き換えるというトリックで、運営者側も騙されることに、、、運営能力も非常に試されます。

「鑑定ゲーム」では、代表はテストプレイを含めて、10回ほど公演を行ってきましたが、、、ここまで白熱したゲームは初めて見ました。
9チーム中、圧倒的に優位にたった1チームをあぶり出す、プレイヤーたち。総勢16名。


ゲーム開始直後、さまざまな結託が生まれます。 さまざまな交渉や取引の結果、場全体を把握した者が徐々に場を支配していきます。



鑑定ゲームでは鑑定額について、全員で大論議!!
制限時間が迫る中、各々の最適化を図り、交渉が活発になっていきます。



最後に、全体で集合写真。お呼びいただきありがとうございました!





都内以外の方から、地方公演はありませんかというお話をよくお伺いします。地方公演事業徐々に広げていきます。来春には仙台公演を行う予定です。

興味のある方はぜひご連絡ください。

北海道出張公演第二弾は来夏に行うかも!?乞うご期待です。


2015年12月12日土曜日

【出張公演】@株式会社オリフラムさん


Snakeholderホンダです。
本日は、ゲーム会社の株式会社オリフラムさん(http://oriflamme.co.jp/?lang=ja)の社員交流への出張公演を行ってきました。


もともと、スネークゲームにお客様と来ていただき、ぜひ社員交流につなげられないかということで、今回のイベントにつながりました。場所も都内の夜景が見られる社員交流のうってつけの場所をご用意いただきました。


参加した方が、社員交流に使えないかと社内で話を出していただき、疑問符が残りながらもぞくぞく集まる参加者たち。総勢15名程度の会社で、計8名の方に参加いただきました。ポーカーよくわからない!という女性の方もいれば、マジックザギャザリング某地方大会優勝者など、様々な特色を持った方々に参加いただきました。



公演するゲームは当団体で完全にオリジナルに作成したもので、リアルの場を軸にしたゲームを行っています。今回はその中でも戦略性が重要になってくるゲーム、今月末に一般公開の戦国ポーカーを行いました。

(デザイナーさんに依頼して作成した馬のカード。何に使うのか!?)


さすがは、ゲーム会社ともあり、ルール説明から、全員が真剣にルールを読み込み、戦略を考えていきます。普段は製作者の立場ですが、1ゲーマーとして真剣にゲームに取り組む中で時間を忘れるほど熱中していきます。




実施したゲームは今月末に一般公開予定の「戦国ポーカー」Snakeholder初のチーム戦を軸にしたゲームとなっております。今回も、2人1組となり、戦略を相談していきます。普段の仕事とは全く異なる課題に対して、取り組むのは新鮮です。





詳しくはゲームの内容が明らかになってしまうので紹介はしませんが、中間発表があるごとに、場が盛り上がります。結果を見る姿勢も真剣そのものです。






終盤には、駆け引きがそれまでうまかったチームが決定的なミス。。。策士策に溺れるということで、社員内で大盛り上がり。策士は策を考える楽しみ方、ゲームデザイナーはゲームのデザインについて、デザイナーはリアルゲームの空間利用について様々な視点からゲームを切り取り、楽しんでいただけました。



圧倒いう間に時間もすぎ、熱中した社内交流。最後に、ゲームデザインについて意見を交わし、お互いに刺激を受けながら、集合写真を撮りました。株式会社オリフラムの皆様誠にありがとうございました。



Snakeholderは現状の公演の場所だけでなく、ゲームができる場所、作れる場所を探しています。リアルゲームデザイナーと一緒に仕事がしてみたい。うちの会社でもやってみたいという方はぜひご連絡ください。我々飛んでいきます。