2015年12月12日土曜日

【出張公演】@株式会社オリフラムさん


Snakeholderホンダです。
本日は、ゲーム会社の株式会社オリフラムさん(http://oriflamme.co.jp/?lang=ja)の社員交流への出張公演を行ってきました。


もともと、スネークゲームにお客様と来ていただき、ぜひ社員交流につなげられないかということで、今回のイベントにつながりました。場所も都内の夜景が見られる社員交流のうってつけの場所をご用意いただきました。


参加した方が、社員交流に使えないかと社内で話を出していただき、疑問符が残りながらもぞくぞく集まる参加者たち。総勢15名程度の会社で、計8名の方に参加いただきました。ポーカーよくわからない!という女性の方もいれば、マジックザギャザリング某地方大会優勝者など、様々な特色を持った方々に参加いただきました。



公演するゲームは当団体で完全にオリジナルに作成したもので、リアルの場を軸にしたゲームを行っています。今回はその中でも戦略性が重要になってくるゲーム、今月末に一般公開の戦国ポーカーを行いました。

(デザイナーさんに依頼して作成した馬のカード。何に使うのか!?)


さすがは、ゲーム会社ともあり、ルール説明から、全員が真剣にルールを読み込み、戦略を考えていきます。普段は製作者の立場ですが、1ゲーマーとして真剣にゲームに取り組む中で時間を忘れるほど熱中していきます。




実施したゲームは今月末に一般公開予定の「戦国ポーカー」Snakeholder初のチーム戦を軸にしたゲームとなっております。今回も、2人1組となり、戦略を相談していきます。普段の仕事とは全く異なる課題に対して、取り組むのは新鮮です。





詳しくはゲームの内容が明らかになってしまうので紹介はしませんが、中間発表があるごとに、場が盛り上がります。結果を見る姿勢も真剣そのものです。






終盤には、駆け引きがそれまでうまかったチームが決定的なミス。。。策士策に溺れるということで、社員内で大盛り上がり。策士は策を考える楽しみ方、ゲームデザイナーはゲームのデザインについて、デザイナーはリアルゲームの空間利用について様々な視点からゲームを切り取り、楽しんでいただけました。



圧倒いう間に時間もすぎ、熱中した社内交流。最後に、ゲームデザインについて意見を交わし、お互いに刺激を受けながら、集合写真を撮りました。株式会社オリフラムの皆様誠にありがとうございました。



Snakeholderは現状の公演の場所だけでなく、ゲームができる場所、作れる場所を探しています。リアルゲームデザイナーと一緒に仕事がしてみたい。うちの会社でもやってみたいという方はぜひご連絡ください。我々飛んでいきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿