2016年3月19日土曜日

話題のボードゲーム「7つの習慣ボードゲーム成功の鍵」を分析してみた(1)

代表のホンダです。

ボドゲ業界で何かと話題のボードゲーム「7つの習慣ボードゲーム成功の鍵」をターゲットそうの30代サラリーマンとプレイしてみました。

パッケージとってもおしゃれ

こちら、何がそんなに有名にさせているかというと、アメリカでは結構主流なのですが、日本ではなかなか成功や事例が少なかった、クラウドファンディング出のボードゲームだということ。クラウドファンディングサイトMakuakeにて、募集してましたが、、、なんとこの額。。。


Makuakeからスクショ



1254万円!?!?


これすごいですよ。当初の予算にもある通り、代々ボドゲの制作費って開発 費用含めて、100万円くらいあればできるんですよ。それに対して、まさかのこの額。10倍以上の出資金。。。


そして、開発待つこと数ヶ月、ついにできたボードゲーム、価格はどれどれとみてみると、、、


購入サイトよりスクショ


21600円!?!?

これすごいですよ。ボドゲって、国内生産のものであれば、基本的に1万円越さないですからね。なんだこの価格帯と。




でも、文句ではないんです。これ、ボドゲ業界の中でも新たな領域を開拓したなっと思うのです。



こちらの「7つの習慣」、自己啓発書を滅多に読まないホンダは知らなかったのですが、自己啓発書として超ベストセラーみたいで、日本だけで130万部、全世界で2000万部も売れているんだとか。。。

内容についてとやかくいうつもりはないですが、仕事がうまくいかないリーマン向けに、とても優しくビジネスマンとして当たり前のことを語っている本だなという印象でした。でも、その当たり前のことを行うのはやっぱり難しい。ということで、学んだことを実践する場としての7つの習慣ゲームという立ち位置が面白い。





で、、、なんでここと組んですごいかっていうと、このボドゲ。2C向けじゃないんですよね。完全に2B向け。多くの企業の新人研修や採用の場とかでじゃんじゃん使えるんですよ。しかも、ボドゲだから、プレイ人数4〜6だったと思いますが、キットさえあればあとは人件費いらないんですよね。



(1)低価格としての研修ゲーム

実は、ボドゲに近いゲームの製作は多くの企業で行われてきたし、現在も行われています。たとえば、SMBCやMUFJは「銀行体験ゲーム」を作成し、新卒採用イベントにて使用しています。

これのいいところは、ゲームの中で、①自社の仕事の面白さを学生に伝えられるとともに、面接では見ることのできない、②その場での学生の瞬間瞬間の対応を見ることができます。

また、自社の仕事内容に限らない、ゲームで研修を行うものもあります。
たとえばマイナビさんのこちらの研修でいうと、レンタルで14万。購入で50万程度します。


おそらく、前者の銀行体験ゲームも借りるとしたら、、最低でも数十万はするのかな、、という印象。そこからみると、1キット約2万円という料金は、研修でゲームを導入しようとしている企業にとってはかなりありがたい値段だとわかります。



(2)コンシューマーゲームの「ゲーム感」を薄めたものを作った。

企業によっては、研修や採用イベントにて、自作のゲームは使わず、既存のコンシューマー向けのアナログゲームを使用する事例が増えています。人狼や、パンデミックやカタンの開拓者たちなどが挙げられます。

これのいいところは、圧倒的低価格。1キット数千円ですむわけですから、(1)でみたようなゲームとは異なり、はるかに安くすみます。


ただ、、、人事の話を聞く中で、、、このゲーム、、あまりにもゲームゲームしてるんですよね。研修・採用で使うにはちょっとゲームゲームしてて抵抗がある。30代あたりの人事の方は問題ないのですが、それよりも上になってくるといわゆるゲームネイティブ世代でないので、ちょっと抵抗が出てくる。

これに対して、7つの習慣はよく知ってるビジネス自己啓発書のゲームだから、抵抗が少ないんですよね。


+++


つまり、コンシューマー向けの「楽しむボドゲ」から脱却した、市場に比べて低価格の「真面目な研修ボドゲ」を作った。

実はこの領域、事例は今までにもあったんですよね。



たとえば、「キャッシュフローゲーム」
これも2万円くらいするもので、投資似ついて学べるゲームとのこと。



あとは「レゴシリアスプレイ」などが挙げられます。
これは、レゴの専用のキットを使って、その人の心の深層心理を視覚化することによって、コミュニケーションを学ぶゲーム。これは、レゴが認める資格をとらないとキットはかえないみたいです。



が、、、これらともに、、、あんまりパッとしないんですよね。


研修よりかと言われるとそうなんだけど、既存のゲームのような見た目だったりするので、ちょっとコンセプトがボヤけていた。



ということで、そんな7つの習慣をプレイしてみました!



続きは次号。

2016年3月8日火曜日

【公演記録】3/5集団密輸ゲーム



新作「集団密輸ゲーム」の初公演が終わりました。


1億円の密輸を阻止した検査官は一気に1億円儲かるので、なかなか逆転劇の多いゲーム展開となっていました。


空っぽなのに密輸しているように振る舞い慰謝料を巻き上げる者


協力をして着実に密輸する者

協力していた人を裏切り一攫千金を狙う者


色々な作戦を皆さん立てられていて興味深かったです。



優勝者はカツヤさん。





大差を付けての圧勝でした。


契約書に関して調整を考えなければいけないというのが、今回のディーラーとしての反省です。

次回公演日はまだ未定です。

2016年3月6日日曜日

イベント”いま、VRビジネスで何が起きているのか?”に潜入してきた!

2/4(金)19時〜@ヒカリエにて「いま、VRビジネスで何が起きているのか?」に参加してきました!

2016VR元年。プレステVRも発売されるということで、VRの最先端のビジネス情報を仕入れるため、イベントに潜入。

VR装着、体験します、高い没入感
イベントは2部構成、①VRの専門メディアmoguraVRの創業者?2人による、最新VR紹介と②最新のVRの技術を用いた、コンテンツ作成や、技術開発企業のVR体験会の2部構成。


1部では
・2016年がVRの技術が熟成し、また開発コストも下がったことから、一般消費者レベルで購入できる値段までHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が下がり、技術が整ったことから、VR元年となること(プレステVRなどが挙げられる)

・VRの市場規模は2025年には、最大、現在のテレビ市場を抜くほどの可能性があること、最低でもタブレット端末程度の市場にはなること(goldman sachs調べ)

・活用事例として、日本では2Cが現在は市場規模がなく難しいこと、2Bは医療等の分野、2B2Cはアーティストのライブ、USJのきゃりーのアトラクションなどを挙げ、活用範囲が広がっている、各業界が興味を持ち始めていることを挙げていた

やはり、目立ったのは今後発表されるプレステVRについて。ここの価格設定とコンテンツで、2016年のVRの滑り出しが決まりそうなのかなと感じた。

ちなみに、プレステVRは一般も体験できる。@Miraikanの企画展GameOnで先着 整理券 制で体験できる。興味を持った人はぜひ体験してみてください。




2部の体験会では、豪華な企業がブースを構える。以下出展内容

・Perception Neuron(Noitom)
VRに加えて、全身モーションを入れたもの。
整理券の列に入り込み損ね、、、体験を逃す。


・CVTバーチャルドライビング(積木製作)


ATでなくCVTシステムの自動車の走行をVRで体験できる。
画面はこんな感じ、VRでみると没入感がすごい

三半規管がザルな僕は結構な勢いで酔った。これからのVRの時代で淘汰される人種なのか。
酔った。
・サスケVR(株式会社ネストビジュアル)
高品質なVR体験を提供。
体験し損ねたので割愛。

・GearVR(サムスン電子)
GearVR、話には聞いたことがあったが、ハコスコしかしたことがなかった、僕にとってはものすごく貴重な体験、なんとスマホ画面であんなに没入感を得ることができるとは。

ももクロのライブ映像をみれた。距離感と音で世界に浸れる
・MilboxVR(株式会社WHITE)

これすごかった。体験はできなかったけど、従来のダンボール型のHMDの横にこんな丸いタッチパネルをおいて、従来ダンボールHMDでできなかった入力操作ができるように。
技術として、これシートを使ってるらしい。タッチするシートがスマホの画面までつながってて、触った情報がスマホの画面に伝わり、機器に触った情報が伝わるとのこと。つまり、bluetoothとかじゃなくて、シート一枚で解決できちゃう代物。すごい。

・Pitely(DeNA)
360度画像にコメントできるサービス。技術者、クリエイターが多く、あまりブースに人気はなかったが、実際VR技術が大成してくると絶対必要な技術。広告の出し方こんな感じになるのかなぁと思った。

・スーパーからあげ・マシュマロキャッチ(トリブルアイズ)

HMDを使ったゲーム。飛んでくるからあげを頭を動かしてキャッチするというもの。
からあげが飛んでくる感じが、VRを通してみると実にリアルで面白い。太鼓の達人のようにリズムをうちながら飛んでくる音げー。

それにしてもなぜからあげだったのか。オヤジセンスを感じた。


HMDはOculusとGearVRがメイン

・HUG(ダッグリングズ)
360度撮影システム。
これでゲームの実況できるといいな。これありきのゲームを考えてみたブースでした。

・博士と万有引力のりんご(CHAORU)

世界観が、物理エンジンのような世界のコンテンツが多いVR体験ブースで世界観を圧倒的に創造してきたブース、美大卒の方々が作ったとのこと、世界の作り込みが流石すぎる。。。

きゃりーのUSJのVRといいこういう感覚ゼロな僕はこういう世界にVRで入り込むと、ホントに楽しい。(きゃりーVRはいってないが、、、)自分がどれだけクリエイティブじゃないかわかるし、自分には見えてないものが見えるってのはいい。



・アニュビスの仮面(ギフトテンインダストリ)
VR×ボドゲ。
こちら購入したので、届き次第、詳細は報告予定。


VRを用いたボドゲも紹介してました。(注文しました、ホンダのボドゲ会で取り上げます)

・gimmick(Fictbox)
VR脱出ゲーム。
マインクラフトのように世界を動き回れ、2人で協力して、部屋の鍵を探し出し脱出を測るゲーム。

これ、ものすごい可能性を感じた。遠隔地にいる2人でも、ホントにそこに一緒にいるような感覚で協力ゲームができる。ソーシャルな欲求や、達成感を味わえるゲーム。

いまのネットゲームでは達成しきれていない、①②間のギャップをかなり埋められている感覚を得た。Jane McGonigalのいうところのゲームの力を用いて、抑うつ状態を克服したり、前向きになる力を得るための①で達成できる欲求から得られる価値をVRを用いることでかなり得られると思った。

①ボドゲのようにリアルで一緒にゲームをして得られるソーシャルな欲求 
②ネットで文字を通じて(身内と)交流するゲーム 



・360Cam(Giroptic)
こちらも技術メインの360度カメラの説明。よくわからんが、何か360度カメラを使ったゲームイベントができるといいなと想像中。




以上濃密な3時間でした!


facebookに軽く投稿したところ、オランダのゲームデザイナーがVRcinemaなるものを紹介してくれた。アムステルダムにて行っているらしい。今月末にオランダにシリアスゲーム会社訪問しに行く予定なので、ついでに寄る予定。別途紹介していく予定です!


VRボドゲ会は今後ホンダ家で有志を集めようかなと、facebookにて随時告知していきます。プレステVRも、、、買おうかな。。。4マン+VR代、、、学生には厳しいか。。。

2016年3月4日金曜日

勝間和代氏プロデュースのボドゲカフェ ウィンウィンに遊びに行ってきた

テーブルゲーム業界では何かと話題の3/1に五反田にてオープンしたボードゲームスペースウィンウィン。

プロデューサーは経済評論家でメディアでも活躍する勝間和代氏。ホリエモンが昨秋くらいに、とあるメディアで勝間さんがテーブルゲームのカフェを五反田あたりでオープンするらしいとちらっと言っていて、まさかこんなに早く実現するとは、、、ありがたい!!





勝間さんはなんと1年間猛勉強して麻雀プロになったよう。お店のロゴ?は麻雀牌。





友達と早速アポをとり、行くことを約束したものの、facebookの盛り上がりをみて、どうしても我慢できず、昨日の閉店23:45ぎりぎりの23時に来店。


おじさんたちのプレイ姿を横から眺めて、顧客層とか、店内の設備とか、どんなゲームが流行ってるのかとか、そのゲームのどんな要素が受けるのかとか偵察する予定が、、、お客さんがなんと帰り去っていた、、、!!!

しかも定員さんが片付け始めている、、不安だ、、、と思っている最中、店長さんが笑顔で接客してくれ不安解消。

「一緒にゲームしてくれませんか」

神対応!
一緒にミリオンダウトすることに!

店長さん、そして麻雀プロ!

ミリオンダウトは大富豪とダウトを混ぜた最近流行りのトランプゲーム。
運も適度に絡みつつ、一方で最適戦略や損失最小化など、その人のセンスや性格が丸わかりできるゲーム。まさか、いきなり麻雀プロとこんな清潔感溢れる場所でできるとは!

びっくりするほど手札よく、運よくチップを獲得していく。


店長さんの残りチップが4枚になりピンチになると、オーナーの勝間さんが店長に変わり参戦!


心理戦は相手が変わると最適戦略は大きく異なる、相手の思考回路、①ロジカルに期待値で計算していくタイプか②行動経済学的に損失回避が大きい、感覚で動くタイプなのか に応じてもプレイの方法を変えなければならないし、、偵察が一定量必要である。

勝間氏。メディア露出が多く、テレビで見たイメージで凝り固まっているので、とにかくイメージをunlearning。相手のトランプの動かし方、目線の動かし方を細かくチェックしていく。



まずは様子見と、トランプ2枚をふせると、、、


間髪入れずに勝間氏「ダウト」



















ホンダ(「シェェェーーーーーー」)

たしかに!よく考えたら初回のダウトはリスク低いけども!そんな一瞬でダウトしますか。残りチップ2つですよ。先行僕ですよ。マジですか。と。こわっ。




初戦ぼろ負けでした。





その後、ハンドが驚異的によくしっかり勝てました。再選を誓い、写真をパシャり。





店内のボードゲームの数は少ないながらも、あれはホントにいいスペースでした。時間制で、夜は30分450円と業界に比べたら高価格帯。ボードゲームの量もマニア向けのボドゲカフェに比べ、はるかに少なく、難易度も簡単なものが多い。

だけどもそれがいい。


店内の様子。facebookから拝借



既存のボドゲカフェは初心者は入りにくいし、あくまでゲームを楽しむ場だったのに対して、あの場はゲームを通じて交流を深めたり、仲良くなるのが目的なイメージがした。(実際にお客さんみたことないからまた偵察しにいくのだが)

広いスペースでわいわいドリンク飲みながら、”サロン”のような感覚で、いついってもどの輪にもニコニコしながら店員さんが誘導してくれて、ゲームを通じて仲良くなって交流深まってっていうのは、ゲームの力にはあるはずが、それを生かすお店がなかなかなかったのは確か。特に仕事帰りのサラリーマン向けに。7つの習慣ボドゲをおいてあるところとかリーマンにうけるだろうなぁぁと。



例えば
すごろくやさんのす箱は初心者が入りやすいけど、高円寺という立地が遠く、本当にイベントイベントしてて、友達とじゃないとハードル高いなぁと若干思うし、

jellyjellycafeさんは渋谷という立地がよいけど、あれも友達と行く感覚かなぁ。あの豊富なゲーム量と店内のボドゲ展示は魅力的でよく人を連れていく。ただ、狭かったり、卓の移動を前提とした設計になってないから自分たちで終わることが多い。(枯山水をやって仲良くなった人はいるけど、自分たちでマッチングするからどことなく気まずい)

ミスボドなどの300人規模のボドゲ会は、あれはマニアに新しいゲームを教わる場所っていうイメージ。みんな仲良くなるんじゃなくて、自分のゲームをやりに、広めに来ているイメージ。実際学びになることが多い。が、、仲良くはならない、、

MENSAのボドゲ会は、仲良くなるし、とにかく考える!
でも身内で行うので新たな出会いが少ないのは確か。

各地で行われているボドゲ会は費用も安く、参加しやすいけど、不定期なので、行きたいなぁと思った時のハードルが高い。店舗がなかった。


こんな感じで(完全に主観的な意見ですが)、それぞれのボドゲ会 ・カフェの住み分けができているイメージです。今回のウィンウィンは個人的に自宅から相当近いこともあり、ちょくちょくと遊びに行こうかなと思っております。

1人でも対応してくれるとても優しい店舗ですので、ぜひゲーム好きな皆さん一度訪問してみてください:)


ホームページは今後新設予定で、現在の最新情報はfacebookからみれるようです。
https://www.facebook.com/thewinwincafe/

2016年3月2日水曜日

新卒採用でリアルライアーゲーム!?2/27活動報告

2/27にとある上場企業にて、Snakeholderのゲームが新卒採用イベントに使われたので紹介です!

新卒採用では、人事の方々は大量の学生を選考し、合否を短期間で決めなければなりません。書類選考や面接といった対策可能な選考では学生の素の姿や能力を見ることができず、一方で現場レベルの仕事をいきなり選考途中の学生に行って判断するのも難しいです。また、仕事というとどうしても学生側が身構えてしまうのが現実のようです。

今回、Snakeholderが提供したのが、交渉ゲーム「富豪の錬金術師」。
こちらのゲームでは、徹底的に交渉 を求めていくゲームです。交渉をすればするほど有利になるゲームデザインを心がけ、企業側の望む採用基準をゲームの中で見えるように設定しました。様々な方々のご協力のもと本企画を成功させることができました!

(富豪の錬金術師)


(広報文でハードルを上げていきます)

(当日の説明の様子)

企画が企画なので、集まる人も非常に優秀な方が多かった印象です。東大・早稲田・慶應生の文系を中心として、頭脳戦・交渉戦が好きな方々が集まりました。また、面白い企画ということで、岐阜や名古屋といった地方からもはるばる学生が集まってきました。

普通の面接では会えないような(一風雨変わった?)学生が集まっています。ゲーム中も、学生側は自分をどうアピールするかを考えるというよりは、ゲームに夢中になってくれるため、企業側はありのままの学生の姿をみることができたとのことです。

参加者は必死になってその場で戦略を構築しチームの勝利に自分ができることを考え実行していきます。
局面はダイナミックに刻々と変化していくため、学生同士のインタラクションの中で、チームワークやリーダーシップを垣間見ることができます。
今後もSnakeholderは新卒採用に関わらず、ゲームを用いた様々な取り組みを行っていきます。様々な企業や団体とコラボ企画も次々と打ち出していく予定です。各種相談も承っています。ホームページのお問い合わせフォームよりぜひご相談ください。


以上今後ともSnakeholderにご期待ください!

2016年3月1日火曜日

新作「集団密輸ゲーム」の紹介


今回我々Snakeholderが提供するのは・・・


『集団密輸ゲーム』



本家ライアーゲームで抜群の面白さを誇るあの密輸ゲームを、実際にプレイしても楽しめるようにアレンジしました。


その名の通り、『集団密輸ゲーム』はチーム戦ではなく個人戦。
誰と協力するかも、誰を欺くかも、プレイヤーの自由です。





本家「密輸ゲーム」の必勝法はもちろん通じません。
密輸ゲームのプレイ感を維持したまま、全く異なる戦略が必要になる新ライアーゲームとして仕上がりました。

そのため、密輸ゲームを知らない方でも対等に戦えますし、十分楽しめるものと自負しております。




相手が密輸していると思ったらダウト、
相手が密輸していないと思ったらパスをコールしましょう。





or




あなたは協力至上主義の「カンザキナオ」タイプのプレイヤーですか。




それとも金を騙し取る能力に長けた「ヨコヤ」タイプのプレイヤーですか。




それとも奇策で逆転劇を起こす「アキヤマ」タイプのプレイヤーですか。




知略巡らせ敵を出し抜き勝利を掴め。



新作『集団密輸ゲーム』
3/5(土)14時〜




関連記事