2016年3月2日水曜日

新卒採用でリアルライアーゲーム!?2/27活動報告

2/27にとある上場企業にて、Snakeholderのゲームが新卒採用イベントに使われたので紹介です!

新卒採用では、人事の方々は大量の学生を選考し、合否を短期間で決めなければなりません。書類選考や面接といった対策可能な選考では学生の素の姿や能力を見ることができず、一方で現場レベルの仕事をいきなり選考途中の学生に行って判断するのも難しいです。また、仕事というとどうしても学生側が身構えてしまうのが現実のようです。

今回、Snakeholderが提供したのが、交渉ゲーム「富豪の錬金術師」。
こちらのゲームでは、徹底的に交渉 を求めていくゲームです。交渉をすればするほど有利になるゲームデザインを心がけ、企業側の望む採用基準をゲームの中で見えるように設定しました。様々な方々のご協力のもと本企画を成功させることができました!

(富豪の錬金術師)


(広報文でハードルを上げていきます)

(当日の説明の様子)

企画が企画なので、集まる人も非常に優秀な方が多かった印象です。東大・早稲田・慶應生の文系を中心として、頭脳戦・交渉戦が好きな方々が集まりました。また、面白い企画ということで、岐阜や名古屋といった地方からもはるばる学生が集まってきました。

普通の面接では会えないような(一風雨変わった?)学生が集まっています。ゲーム中も、学生側は自分をどうアピールするかを考えるというよりは、ゲームに夢中になってくれるため、企業側はありのままの学生の姿をみることができたとのことです。

参加者は必死になってその場で戦略を構築しチームの勝利に自分ができることを考え実行していきます。
局面はダイナミックに刻々と変化していくため、学生同士のインタラクションの中で、チームワークやリーダーシップを垣間見ることができます。
今後もSnakeholderは新卒採用に関わらず、ゲームを用いた様々な取り組みを行っていきます。様々な企業や団体とコラボ企画も次々と打ち出していく予定です。各種相談も承っています。ホームページのお問い合わせフォームよりぜひご相談ください。


以上今後ともSnakeholderにご期待ください!

0 件のコメント:

コメントを投稿