2016年3月4日金曜日

勝間和代氏プロデュースのボドゲカフェ ウィンウィンに遊びに行ってきた

テーブルゲーム業界では何かと話題の3/1に五反田にてオープンしたボードゲームスペースウィンウィン。

プロデューサーは経済評論家でメディアでも活躍する勝間和代氏。ホリエモンが昨秋くらいに、とあるメディアで勝間さんがテーブルゲームのカフェを五反田あたりでオープンするらしいとちらっと言っていて、まさかこんなに早く実現するとは、、、ありがたい!!





勝間さんはなんと1年間猛勉強して麻雀プロになったよう。お店のロゴ?は麻雀牌。





友達と早速アポをとり、行くことを約束したものの、facebookの盛り上がりをみて、どうしても我慢できず、昨日の閉店23:45ぎりぎりの23時に来店。


おじさんたちのプレイ姿を横から眺めて、顧客層とか、店内の設備とか、どんなゲームが流行ってるのかとか、そのゲームのどんな要素が受けるのかとか偵察する予定が、、、お客さんがなんと帰り去っていた、、、!!!

しかも定員さんが片付け始めている、、不安だ、、、と思っている最中、店長さんが笑顔で接客してくれ不安解消。

「一緒にゲームしてくれませんか」

神対応!
一緒にミリオンダウトすることに!

店長さん、そして麻雀プロ!

ミリオンダウトは大富豪とダウトを混ぜた最近流行りのトランプゲーム。
運も適度に絡みつつ、一方で最適戦略や損失最小化など、その人のセンスや性格が丸わかりできるゲーム。まさか、いきなり麻雀プロとこんな清潔感溢れる場所でできるとは!

びっくりするほど手札よく、運よくチップを獲得していく。


店長さんの残りチップが4枚になりピンチになると、オーナーの勝間さんが店長に変わり参戦!


心理戦は相手が変わると最適戦略は大きく異なる、相手の思考回路、①ロジカルに期待値で計算していくタイプか②行動経済学的に損失回避が大きい、感覚で動くタイプなのか に応じてもプレイの方法を変えなければならないし、、偵察が一定量必要である。

勝間氏。メディア露出が多く、テレビで見たイメージで凝り固まっているので、とにかくイメージをunlearning。相手のトランプの動かし方、目線の動かし方を細かくチェックしていく。



まずは様子見と、トランプ2枚をふせると、、、


間髪入れずに勝間氏「ダウト」



















ホンダ(「シェェェーーーーーー」)

たしかに!よく考えたら初回のダウトはリスク低いけども!そんな一瞬でダウトしますか。残りチップ2つですよ。先行僕ですよ。マジですか。と。こわっ。




初戦ぼろ負けでした。





その後、ハンドが驚異的によくしっかり勝てました。再選を誓い、写真をパシャり。





店内のボードゲームの数は少ないながらも、あれはホントにいいスペースでした。時間制で、夜は30分450円と業界に比べたら高価格帯。ボードゲームの量もマニア向けのボドゲカフェに比べ、はるかに少なく、難易度も簡単なものが多い。

だけどもそれがいい。


店内の様子。facebookから拝借



既存のボドゲカフェは初心者は入りにくいし、あくまでゲームを楽しむ場だったのに対して、あの場はゲームを通じて交流を深めたり、仲良くなるのが目的なイメージがした。(実際にお客さんみたことないからまた偵察しにいくのだが)

広いスペースでわいわいドリンク飲みながら、”サロン”のような感覚で、いついってもどの輪にもニコニコしながら店員さんが誘導してくれて、ゲームを通じて仲良くなって交流深まってっていうのは、ゲームの力にはあるはずが、それを生かすお店がなかなかなかったのは確か。特に仕事帰りのサラリーマン向けに。7つの習慣ボドゲをおいてあるところとかリーマンにうけるだろうなぁぁと。



例えば
すごろくやさんのす箱は初心者が入りやすいけど、高円寺という立地が遠く、本当にイベントイベントしてて、友達とじゃないとハードル高いなぁと若干思うし、

jellyjellycafeさんは渋谷という立地がよいけど、あれも友達と行く感覚かなぁ。あの豊富なゲーム量と店内のボドゲ展示は魅力的でよく人を連れていく。ただ、狭かったり、卓の移動を前提とした設計になってないから自分たちで終わることが多い。(枯山水をやって仲良くなった人はいるけど、自分たちでマッチングするからどことなく気まずい)

ミスボドなどの300人規模のボドゲ会は、あれはマニアに新しいゲームを教わる場所っていうイメージ。みんな仲良くなるんじゃなくて、自分のゲームをやりに、広めに来ているイメージ。実際学びになることが多い。が、、仲良くはならない、、

MENSAのボドゲ会は、仲良くなるし、とにかく考える!
でも身内で行うので新たな出会いが少ないのは確か。

各地で行われているボドゲ会は費用も安く、参加しやすいけど、不定期なので、行きたいなぁと思った時のハードルが高い。店舗がなかった。


こんな感じで(完全に主観的な意見ですが)、それぞれのボドゲ会 ・カフェの住み分けができているイメージです。今回のウィンウィンは個人的に自宅から相当近いこともあり、ちょくちょくと遊びに行こうかなと思っております。

1人でも対応してくれるとても優しい店舗ですので、ぜひゲーム好きな皆さん一度訪問してみてください:)


ホームページは今後新設予定で、現在の最新情報はfacebookからみれるようです。
https://www.facebook.com/thewinwincafe/

0 件のコメント:

コメントを投稿