2016年4月22日金曜日

【六芒星ゲーム】ルールまとめ


『六芒星ゲーム』をTwitterにて行います

4/30(土)21時半-23時半にTwitterライアーゲームを開催します。
ルールはここにあるもので全てです。




六芒星ゲームの概要

あなたは「独りぼっち」や「多人数でわいわい」は好きなのですが、「誰かと二人っきり」は嫌いです。そのくせ「独りぼっち」が続くのもやっぱり嫌いです。
プレイヤー人数は8~10人。ゲームは合計4ラウンド。6つの島の上で上手く立ち回りましょう。


用語


島:六芒星(ろくぼうせい)の角 (A,Bなど)
橋:島と島を繋ぐ線(A-B,A-Eなど)。





ゲームの流れ

  • 移動
    • プレイヤーは毎ラウンド、現在いる島Xから行きたい島Yまで移動する。(「移動X→Y」というDMを送る)
    • プレイヤーは一度渡った橋は二度と渡れない。
  • 得点
    • 全プレイヤーが一斉に移動して、着いた島に他のプレイヤーが何人居るかでもらえる得点が変わる。
      • 他に誰も居ない場合(独りぼっち)→+5点 (連続ぼっち→「ー5点」)
      • 他に一人だけいる場合(二人っきり) → +0点 (+橋の架け外し)
      • 他に複数人いる場合(自分含め3人以上) → +3点
    • 連続ぼっち
      • 連続で独りぼっちになったプレイヤーは+5点の代わりに-5点となる。
  • 橋の架け外し
    • 得点できなかったプレイヤー(二人っきりになったプレイヤー)はどこかの橋を外したりかけ直したりすることができる。
      • 例:フクナガ「橋A-B」
        • フクナガは橋A-Bを外した。以後橋がかけ直されるまで誰もA-B間の行き来が出来なくなる。「橋A-B」とDMを送れば今度は橋がかけ直される。
  • スペシャル得点
    • ゲーム終了時の全プレイヤーの居る島を推測し全て当てた人は+10ポイント。
  • ゲーム終了時、持っている得点が多い人が勝利。

  • プレイヤーは毎ラウンド必ず移動しなければならない。(※自分のいる島に架かっている橋がすべて使用済みなどで動けない場合のみ、島に留まることができる。)


ゲームの流れ
   
スタート位置の連絡の例

結果発表の例

橋状況の発表の例
予想ラウンドの連絡の例

諸注意
  • 契約NG。口約束OK。
  • スクリーンショットを他プレイヤーに見せることは禁止。







ルールは以上です。ここから先は読まなくてもほぼ支障ありません。
作戦を色々練りたい方はお読みください。





ルールの細かいところ

得点の譲渡をしたいプレイヤー必読
  • ディーラーを混ぜたグループDMでやりとりをすること。(混ぜない場合のやりとりは全て無効)
  • 譲渡する側が「○○点を○○さんに渡します」と明記することで譲渡成立となる。
  • ゲームの戦略を無視した得点のやりとりは禁止(何の見返りもなく全得点を譲渡するなどは禁止)


Q&A
  • 公開情報は何?
    • 全員のスタート位置。
    • それぞれの島に何人いるか。
    • 橋が架けられた場所、外された場所
  • 非公開情報は何?
    • 各プレイヤーの得点
    • 各プレイヤーの居場所
  • 移動先無投票/無効票の場合は?
    • 時計回りに見て移動可能な一番近い島へ強制的に移動する。(Bに居たらCへ。Bに居てCへ移動不可能な場合はDへ。)
  • 橋の架け外し無投票/無効票の場合は?
    • 何も起こらない。
  • 対面の島に橋は架けられる?
    • 架けられない(例えば橋A-D、橋B-Eなどと橋架け投票しても無効)。
  • タイムスケジュールは?
    • 作戦タイム8分、投票時間2分、集計時間5分で考えています。

4/28追記
  • 得点はマイナスになる?
    • マイナスにはなりません。譲渡によってマイナスには出来ませんし、連続ぼっちでもマイナスにはならず0で止まります。
      • 例:4人→1人→1人→1人となった人の得点は「3→8→3→0」

4/29追記
  • 複数投票した場合どうなる?
    • 最初の投票のみ有効となる。また、投票タイムが始まる前は投票を受け付けていない。投票タイムが始まってから慎重にDMを送ること。
  • タイムスケジュール詳細
    • ミニゲーム〜スタート位置発表 21時半~22時
    • 六芒星ゲーム開始 22時
      • 作戦タイム8分→投票タイム2分→(集計5分)→発表→橋架け作戦タイム5分→橋架け投票1分→集計5分→(繰り返しなので省略)
    • 後がたり 23時半~24時
      • ニコ生にて感想戦やルール設計の反省などの放送を行います。任意参加。
    • ※時間はきっちり守られることはありません。集計等の状況によって変わります。

4/30追記
  • 橋の架け外しの権利は譲渡できる?
    • できます。その際は得点の譲渡と同様にして申請してください。ただしその権利を次のラウンドに持ち越すことは出来ません。「二人っきりプレイヤーにはそのラウンドでだけ使える橋架け外しチケットが配られる」ようなものと解釈してください。

よろしくお願いします

今回のゲームはテストプレイをしたことがありません。ゲームが破綻してしまう可能性が0ではないので、デバッグのつもりでお付き合い頂けたら幸いです。

参加希望の方はTwitter@snake_holderか、こちらのコメント欄で連絡お願いします。
4/30(土)21時半に開始です。出欠を取るのも兼ねて「スタート位置決めミニゲーム」を行うので、遅れると少し不利になります。

質問はゲーム開始前も受け付けています。
グループDMでの得点のやりとりは後にブログで公開します。ご了承ください。

2016年4月2日土曜日

【論理クイズ】嘘つきはこいつだ!!【解答編】












第一問 解答


A:フクナガ
B:ヨコヤ
C:カンザキ

【解説】

A「私はカンザキじゃない」
カンザキが言ったら嘘、ヨコヤが言ったら正直になるので矛盾する。→Aはフクナガ。

B「私はヨコヤではありません」
カンザキが言ったら正直、ヨコヤが言ったら嘘。→どちらも妥当なのでまだ絞れず。

C「私はフクナガではない」
カンザキが言ったら正直、ヨコヤが言ったら正直。→ヨコヤだと矛盾するのでCはカンザキ。残るBがヨコヤ。




第二問 解答


全員嘘つき。

【解説】

エトウ「この中に嘘つきが1人だけいるみてーだ」
ヨコヤ「この中に嘘つきは2人いるんですよ」
フクナガ「この中に嘘つきは3人いるっ!」
アキヤマ「フクナガは嘘をついていない」
カンザキ「アキヤマさんは本当のことを言っています」

①エトウが正直なら、2人嘘つき(ヨコヤ,フクナガ)がいることになり矛盾。→エトウ嘘つき。
②ヨコヤが正直なら、アキヤマ・カンザキが正直になるはずだが、アキヤマの発言「フクナガ正直」は嘘になるので矛盾。→ヨコヤ嘘つき。
③フクナガが正直なら、アキヤマとカンザキのどちらかが嘘つきになる。カンザキが嘘つきならアキヤマも嘘つきになって矛盾。アキヤマが嘘つきならフクナガが嘘つきになって矛盾。→フクナガ嘘つき。
④エトウ,ヨコヤ,フクナガが嘘つきなので、フクナガをかばうアキヤマは嘘つき。アキヤマをかばうカンザキも嘘つき。

エイプリルフールはみんな嘘つきたいんだな。





第三問 解答


3人をA,B,Cとする。Aに対してBを指しながら
「あなた(A)は『この人(B)がフクナガですか』と聞かれたら『Yes』と答えますか?」
と質問する。

YesならCに、NoならBに対して
「あなたは『こっちの道が50億への道ですか』と聞かれたら『Yes』と答えますか?」
と質問する。

Yesならその道を、Noなら逆の道を選べば50億獲得。


【解説】

カンザキとヨコヤだけならば、どちらかの道を指差しながら
★「あなたは『こっちの道が50億への道ですか』と聞かれたら『Yes』と答えますか?」
と質問すれば、相手がカンザキでもヨコヤでも『Yes』の道が当たり、『No』の道が外れとわかります。

よって、第一の質問でフクナガを除外すれば解決です。

そこで、3人のうちの一人(A)に、残り二人のうちのどちらか(B)を指しながら
「あなた(A)は『この人(B)がフクナガですか』と聞かれたら『Yes』と答えますか?」
と質問します。
すると、返答はこのようになります。

Aカンザキ、Bヨコヤ→No
Aカンザキ、Bフクナガ→Yes
Aヨコヤ、Bカンザキ→No
Aヨコヤ、Bフクナガ→Yes
Aフクナガ、Bカンザキ→Yes/No
Aフクナガ、Bカンザキ→Yes/No

返答が『Yes』ならAかBがフクナガなので、残るCに★の質問をすればよいです。
返答が『No』ならAかCがフクナガなので、Bに★の質問をすればよいわけです。




続いて皆さんから頂いた面白い別解をご紹介します。



【ミスターAYの答え】

Aに右の道を指し
『私がBに「この先に50億がありますか?」と聞いたらBは「はい」と答えますか?』
と質問する。

(1)答えられない時→Bはフクナガ
AとCはカンザキヨコヤどちらかなので、AかCどちらかに右の道を指し
『「この先に50億はありますか?」という質問をしたら、あなたは『はい』と答えますか?』を聞く。

右の道に50億がある場合
カンザキ→はい
ヨコヤ→はい
となる。「はい」ならばそちらに「いいえ」ならば逆に行けばいい。

 Aに右の道を指し
『私がBに「この先に50億がありますか?」と聞いたらBは「はい」と答えますか?』

(2)答えが出た時
①Aがフクナガで適当なことを言っている
②AがカンザキBがヨコヤ
③AがヨコヤBがカンザキ

となるからBはカンザキかヨコヤ
Bに右の道を指し
『「この先に50億はありますか?」という質問をしたら、あなたは『はい』と答えますか?』を聞く

右の道に50億がある場合
カンザキ→はい
ヨコヤ→はい
となる。「はい」ならばそちらに「いいえ」ならば逆に行けばいい。


Yes/Noクエスチョンで「答えられない」というリアクションを持ち込むとは、抜け道的な解答で面白いです。



【ミスターSの解答】


※それぞれの人物をABCとする。
まずAに対して『BとCと比較してより真実を答える(カンザキ>フクナガ>ヨコヤ)のはBですか?』と質問する。
YesであればCに次に質問をする。NoであればBに次に質問をする。
※逆側もしくはAがフクナガのため、ここでフクナガを除外。

※それぞれの道をLRとする。
次の相手に対して『残りの2人に、Lの道が正解の道かを質問した場合、2人共にYesと答える可能性はありますか?』と質問する。
YesであればRが正解。NoであればLが正解。



とても鮮やかな解法で私感動しました。



【ミスターIの解答】

1回目の質問
「2回目の質問に『賞金が貰えるの道は右の道ですか?』と聞いたらどう答えますか?」
2回目の質問
「先ほどの質問に正直に答えましたか?」

賞金の在り処は、
Yes・Yes→右
No・Yes→左
Yes・No→左
No・No→右

質問相手がフクナガだったとしても、1回目の質問で2回目の質問の真偽を確定させてしまう魔法のような解法です。同じ人に2回質問していることや、フクナガが1回目に未来の行動を約束していることなど、問題文に明記しなかった点を上手く突いた奇策で面白いですね。



 

おつかれさまでした。
模範解答を唯一の正解にしたいのなら、フクナガを「質問に対しランダムでYesかNoかを発声するロボット」というように設定するべきだったのかもしれません。(それでもミスターSの解法は完璧ですが。)
ただ、色々な別解が発生しうるクイズの方が個人的に好みですし、問題文を長くすると興を削ぐ気もするので怪我の功名かななんて思っています。

私は第三問を解くことが出来なかったので、自力で正解までたどり着いたみなさんに対してあれこれ評するのもおこがましい気もしますし、このへんで。

第三問に関しては説明をかなり端折ったので質問等あれば気軽にどうぞ。


【論理クイズ】嘘つきは誰だ??【問題編】

エイプリルフールの晩にTwitterで紹介した論理クイズのまとめです。


第一問

難易度★ これが解けたら神埼直クラス!


ここにカンザキ、ヨコヤ、フクナガがいます。
カンザキは正直、ヨコヤは嘘つき、フクナガは正直か嘘つきかはっきりしません。
A,B,Cはそれぞれ誰でしょう?

A「私はカンザキじゃない」
B「私はヨコヤではありません」
C「私はフクナガではない」






第二問

難易度★★ これが解けたら福永ユウジクラス!


エトウ「この中に嘘つきが1人だけいるみてーだ」
ヨコヤ「この中に嘘つきは2人いるんですよ」
フクナガ「この中に嘘つきは3人いるっ!」
アキヤマ「フクナガは嘘をついていない」
カンザキ「アキヤマさんは本当のことを言っています」
誰が嘘をついてるでしょう?






第三問

難易度★★★ これが解けたら秋山深一クラス!




あなたはライアーゲームで優勝しました。賞金を受け取る道中の分岐点でカンザキとフクナガとヨコヤに出会いました。
分かれ道の片方は50億円の賞金を貰える道、もう一方は賞金を全くもらえない道。
カンザキは必ず正直に答えます。ヨコヤは必ず嘘をつきます。フクナガは気ままに返事をします。
あなたは三人の性質は聞かされていたのですが、どれが誰かは知りません。
あなたは三人のうち二人に「Yes/No」で答えられる質問をすることができます。


どう質問すればあなたは賞金へと続く道を選べるでしょうか。





解答はこちら
【論理クイズ】嘘つきはこいつだ!!【解答編】