2016年11月20日日曜日

【特ブース 予約受付中】『カタンの開拓者たち』に学ぶリアルRPG

『自分がカスタマイズした勇者で、パーティを組んで、魔王を倒すって楽しそう!!』



リアルRPGの企画はそんな閃きからスタートしました。
こんにちは。私は普段Snakeholderでリアルライアーゲームを作っているzumiです。今まで殺伐とした騙し合いのゲームをデザインしてきましたが、今回はちょっと趣向を変えて「仲間と盛り上がれる戦略ゲーム」を作ってみました。
ここではゲーム制作の裏話を話していこうと思います。

閃いた瞬間から「これは面白くなるぞ」と謎の自信とともに興奮していたわけでありますが、リアルRPGをしっかり面白くするには条件がありました。
それは、『自分だけの勇者』というオンリーワン感です。
例えばあなたが無限にお金を持っている勇者だったら。
最強の装備を全て買い揃えれば済んでしまい、悩む余地がありません。限られたお金で、どの装備を我慢しどの装備をゲットするか、これを考えるのが楽しいのです。
しかし「お金」では不十分だ、もっと面白く出来る、と気が付きました。


カタンの開拓者たちを考えてみましょう。
ここに「木1、泥1、羊4、石2、麦2」があったらどうしますか?

「開拓地を作って、余りは発展カードにしよう」
「羊4を石1に変えて都市を作って余りを街道にしよう」

そんな戦略があり得ると思います。大事なのはこの「余り」です。
「アレがやりたいけどこの資源が余る。これをどう活用しようか」と悩むのが楽しいのです。もしカタンで資源をお金に統一してしまったら、きっと味気なくなってしまいます。

そこでリアルRPGも「素材を組み合わせて武器を作る」というシステムにしました。ちょっとRPGのイメージからは遠のきましたが、楽しいジレンマを生むことが出来ました。



※画像は試作段階のもの

こうして、カタンやアグリコラ等のリソースマネジメント要素を取り入れたことで、勇者の育成がよりワクワクするものに仕上がったのでした。

次回は、戦闘システムについて。
「ドミニオンとロビンソン漂流記に学ぶリアルRPG」を話します。
お楽しみに。

予約はこちらから。
※当日は遊べる枠が限られています。予約はお早めにされることをお勧めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿